超巨大!! 実物大のレゴ製「X-ウイング」

GIZMODOによると、レゴ社が、5,335,200個のレゴブロックを使用して実物大のスター・ウォーズの「X-ウイング」を造ってしまったそうです。


そのサイズは高さ=3.35m、長さ=13.1m、翼長=13.44mで、重さは約20.8トン(鋼鉄製の骨格を含む)となっており、製作に要した時間は17,366時間(約4ヶ月)で、32人のスタッフの手で造られたそうです。

エンジン部分は光るようになっている(GIZMODOにはビデオ有り)

ブロックのレゴの刻印も再現されている

最後にこの実物大のレゴ製「X-ウイング」の基となった「レゴ スター・ウォーズ X-ウイング・ファイター」と並べてみたのが下記画像で、そのスケールの大きさが良く分かります。


ちょっと「レゴ スター・ウォーズ X-ウイング・ファイター」が欲しくなってきた!!

[image GIZMODO

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事