Google、スマートウォッチの試作機を社内で披露か?! & GmailやGoogleマップのアプリを刷新?!

Phone Arenaによると、Android Authorityが、予てから開発が噂されているGoogleのスマートウォッチは実際に存在しており、ベルリン、マンチェスター、マウンテンビューのGoogleのオフィスに展示されていたようだと報じているそうです。

そのスマートウォッチは開発中であり、現時点ではスタンドアロンのデバイスではなくスマートフォンとの「テザリング」が必須となっており、ユーザーインターフェイスや機能は同社のメガネ型デバイス「Google Glass」に似ているとのこと。

また、Googleは「Gmail」と「Google マップ」アプリのユーザーインターフェイスを刷新するとの情報もあるようで、来週に開催される開発者向けカンファレンス「Google I/O」で発表されるのかもしれません。

なお、Googleは新しいメッセージサービス「Babel」(正式名はハングアウト?)も「Google I/O」で正式発表されると噂されています。

[via リンゲルブルーメン

【関連エントリ】
 ・Google、統一チャットサービス「Babel」を「Google ハングアウト」として来週発表へ
 ・Googleのスマートウォッチ「Nexus」のコンセプトムービー
 ・もし、Googleがスマートウォッチを作ったら…

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。