Apple、「Barron’s 500」でトップを獲得

金融専門紙BARRON’S(バロンズ)は米国およびカナダの売上規模上位500社を売上成長率やキャッシュフロー投資収益率(CFROI)などの指標を用いてランク付けした「Barron’s 500」を毎年公開していますが、今年の「Barron’s 500」では去年2位だったAppleが1位にランクインしています。


2位にはWesco Internationalという会社がランクインし、3位には前年の447位から大きくランクアップしたWestern Digitalがランクインしており、Googleは147位、Facebookは156位、Microsoftは216位となっています。

なお、ランキングの詳細はこちら

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事