Apple純正Lightningケーブルの端子部分がショート?!

過去にも同様の事例が報告されていますが、私が普段使用していたApple純正「Lightning – USBケーブル」の端子部分がショート(?)し、焦げて接触不良を起こすようになってしまったのでちょっとご報告を。

同ケーブルはApple純正の電源アダプタに挿して充電用として使用していましたが、いつの間にかこのような状態になっており、写真では分かり難いですが焦げた箇所は端子が焼け飛んだのか何もなく溝が出来てしまっています。

ちなみに「Lightning – USBケーブル」はリバーシブルで両面どちらでも利用可能となっているので、上記のような状態になっても「iPhone」に挿す向きによっては問題なく充電及びデータ転送が可能です。
(近々にApple Storeへ持ち込む予定ですが…)

【関連エントリ】
 ・「Lightning – Micro USBアダプタ」が発熱して溶けてしまう事例が報告されている模様

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。