「Lightning – Micro USBアダプタ」が発熱して溶けてしまう事例が報告されている模様

アップス!によると、先日に日本でも販売が開始された「Lightning – Micro USBアダプタ」のコネクタ部分が発熱して溶けてしまう事例が発生した事がMacRumorsのフォーラムで報告されているそうです。

溶けてしまったアダプタの写真が下記画像ですが、純正品かは分からないくらい白い樹脂の部分が跡形もなく溶けてしまっています。

なお、原因は不明で、問題が発生した際はコネクタをiOSデバイスに接続していなかった事から使用中に高温になって溶けてしまった訳ではないようです。

使用中じゃない時に発生するとなるとちょっと怖いですね…。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。