Intel、転送速度20Gbpsを実現し4Kにも対応した次期「Thunderbolt」を発表

MacRumorsによると、Intelが、「NAB 2013」にて転送速度20Gbpsを実現する「Thunderbolt」の次期バージョンを発表したそうです。

この新しい「Thunderbolt」のコードネームは「Falcon Ridge」と呼ばれ、現行のケーブル及びコネクタと互換性があり、転送速度が現在の2倍である20Gbpsになる他、4Kのビデオファイル転送及び表示に対応しているそうです。

なお、生産は2014年に開始される予定とのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。