Apple、マルウェア検出システムの定義ファイルをアップデートしトロイの木馬「Yontoo.1」に対応

昨日にユーザーが閲覧したWebページに広告を挿入してしまうOS X向けのトロイの木馬「Yontoo.1」が出回っているとの情報があったのですが、MacRumorsによると、Appleが早くもマルウェア検出システムの定義ファイルをアップデートし、「Yontoo.1」に対応した事が分かったそうです。


これで同トロイの木馬の被害に遭う心配はなくなりましたが、ITmediaによると、セキュリティ会社はOS Xを狙うアドウェアが2013年に入ってから増え続けている事を警告しており、今後も意識的に注意する事が必要と思われます。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事