メキシコの最高裁判所、「iPhone」の商標権訴訟でAppleの控訴を棄却

2009年からメキシコの通信事業者「iFone」がよく似た名称が混乱を招いているとしてAppleの「iPhone」を商標権侵害として訴えて裁判を起こしており、去年11月にAppleの敗訴が決定した件に関してAppleが控訴していたのですが、MacRumorsによると、メキシコの最高裁判所がAppleの控訴を棄却したそうです。

なお、Appleはメキシコで2007年に「iPhone」を発売していますが、「iFone」は2003年に名称登録を済ませており、去年11月の裁判でAppleがメキシコにおいて「iPhone」のブランドネームでのスマートフォンを販売することを認めない裁定が下されていました。

今後どうなるのかはまだ不明ですが、Appleは先日にブラジルでの「iPhone」の商標権について和解に達したばかりなのに、また新たな商標権問題に遭遇している模様。

[一部参考元:AFPBB

【関連エントリ】
 ・Apple、ブラジルでの「iPhone」の商標権問題で地元メーカーと和解

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。