「Surface」の試作機などの写真が明らかに。開発チームは次期Surfaceの開発に取り組み中

昨日、「iPhone」の初期の試作機の写真が明らかになりましたが、本日、The Vergeが、Microsoftの「Surface」の試作機などの写真を多数公開しています。

(image source:The Verge)

写真は試作機に加え、「Surface」のデザインを考えていく上で製作された多数のプラスチック製の模型なども写っており、「Surface」のデザインの初期コンセプトは角張っている製品版とは違い、角や背面は丸みをデザインを考えていたようです。

また、「Surface RT」のコードネームは「Georgetown」で、「Surface Pro」のコードネームは「Georgetown X」だったそうで、現在、Microsoftの開発チームは次期Surfaceの開発に取り組んでいるとのこと。

【関連エントリ】
 ・次期Surface向け部品の出荷は2013年第2四半期末より開始か?!
 ・13×18センチのディスプレイやシリアルポートを搭載した開発初期の「iPhone」の試作機の写真が明らかに

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事