15インチの「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」に冷却ファンが異常に高速回転する不具合

Apple Insiderによると、15インチの「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」の一部ユーザーが、冷却ファンの回転数が急上昇する問題を報告しているそうです。

同問題はAppleのサポートコミュニティでも報告されており、特に重たい作業をしていない時に急に冷却ファンがフル回転まで回りだし、数分後に元に戻るとのこと。


この問題はSMCリセットやディスクのアクセス権の修復などでも解決せず、原因は2012年後半から採用され始めたSanDisk製SSDにあるものとみられており、ソフトウェアアップデートで修正が可能と予想されています。

【関連エントリ】
 ・「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル 15インチ」に搭載されているSamsung製SSDとSanDisk製SSDの比較ベンチマーク
 ・Apple、「MacBook Pro」シリーズにSanDisk製SSDを採用開始

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事