「Real Racing 3」:ゲーム内通貨などの課金システムの詳細が明らかに

2月28日にリリース予定で基本プレイ無料である事が明らかになった人気レースゲームアプリの最新作「Real Racing 3」ですが、本日、touchArcadeが、サンフランシスコで開催された「Real Racing 3」のデモイベントで完成版をプレイし、その課金システムの仕組みを解説しています。

「Real Racing 3」はフリーミアムタイトルとなっており、ゲーム内には2種類の通貨が存在し、まず1つ目の”ゲーム内通貨”はレースを走る事で入手でき、その通貨は車の修理やアップグレード、新車購入などに使用可能とのこと。

次に、もう一つの通貨である”プレミアム通貨”はアプリ内課金で有料となっており、このプレミアム通貨を使用する事で新車のアンロックや修理及びアップグレードの待ち時間を短縮する事が可能になるそうです。

なお、この待ち時間は他の車で遊んでいる最中もバックグランドで減り続ける為、ゲーム開始当初は車の保有台数が少ない事から待ち時間が多くなるものの、複数台の車を所有する事により、1つの車をアップグレード中に他の車で遊んだりと待ち時間を潰すことが可能になるそうです。

【関連エントリ】
 ・「Real Racing 3」は無料でプレイ可能
 ・「Real Racing 3」は2月28日に配信開始か?!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。