「Surface Pro」の実際の空きディスク容量は83GBではなく約90GB

以前にMicrosoftが「Surface Pro」の空きディスク容量は128GBモデルだと83GBになる事を明らかにしていましたが、The Vergeによると、「Surface Pro」をテストした結果、128GBモデルの実際の空きディスク容量は89.7GBで、Microsoftが明らかにした数字より約7GB多かった事が分かったそうです。

この差はサンプル品と量産品のディスクイメージの違いから生じており、64GBモデルに関してもMicrosoftが明らかにした23GBよりもう少し増えるものと予想されます。

また、最初からインストールされているリカバリー領域を削除することにより、128GBモデルでは7.81GBのディスク容量を新たに確保する事ができ、トータルの空きディスク容量はMacBook Airの128GBモデルよりも多くなるとのこと。

【関連エントリ】
 ・「Surface Pro (64GBモデル)」の空きディスク容量は23GB
 ・「Surface Pro (128GBモデル)」の空きディスク容量は83GBに

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。