NTTドコモの加藤社長、「Windows Phone 8」や「iPhone」にコメント

本日、NTTドコモが2013年春モデルの発表会を開催しましたが、CNET JAPANITmediaによると、同社の加藤社長が「Windows Phone 8」や「iPhone」についてコメントしたそうです。


まず「Windows Phone 8」については、『日本での導入は少し遅れそうという情報もある。このあたりはベンダーやメーカーの話になるが、できるだけバリエーションについては常に頭の中におきながら考えていきたい』と述べたそうで、ドコモからの「Windows Phone 8」端末の登場はまだ先になりそうですね。

次に「iPhone」については、『何も決めておらず、従来と何も変わっていない』『iPhoneは魅力的な端末だが、一方で私どもの戦略がある。繰り返し申し上げているが、iPhoneがスマートフォン全体の販売台数の2~3割程度であるなら、ドコモのラインアップとして揃えることはありうる』と述べ、以前と状況は変わっておらず、相変わらずの平行線といった感じです。

なお、KDDIが搭載端末の販売を検討している事が分かった「Firefox OS」については何もコメントが無かったそうです。

【引用元】
 ・CNET JAPAN
 ・ITmedia

【関連エントリ】
 ・NTTドコモの加藤社長、「iPhone」の取扱について「互いの契約条件が合えば…」
 ・NTTドコモの加藤社長、「Windows Phone 8」の投入を検討している事を改めて明らかに
 ・NTTドコモ、Windows Phone端末は遅れているものの早い時期に採用したい意向を明らかに
 ・Microsoft、「Windows Phone 8」搭載端末の日本投入を先送り

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事