NTTドコモの加藤社長、「iPhone」の取扱について「互いの契約条件が合えば…」

朝日新聞によると、NTTドコモの加藤薫社長が日刊工業新聞の取材に応じ、Appleの「iPhone」について「互いの契約条件が合えば、ラインアップの一つとして扱いたい」と採用に意欲を示したそうです。

また、Appleはキャリアとの契約で一定数の販売台数を義務付けるとされると言われていますが、加藤社長は「iPhoneの販売台数が当社の扱うスマートフォン全体の2―3割なら受け入れ余地はある」と述べたそうです。

なお、世界の大手通信会社で「iPhone」を採用していないのは中国移動通信(China Mobile)とNTTドコモだけとなっています。

いつも通りの回答で、特に進展無しといった感じですね。

 ・朝日新聞

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。