WSJ:Apple、需要減により「iPhone 5」用部品の発注数量を削減

今朝、日本経済新聞が「iPhone 5」の世界販売が計画を下回っている事から部品を供給している日本のメーカー各社が今月より減産を開始したようだと伝えていましたが、その後、ウォールストリートジャーナルも事情に詳しい複数の関係者の話として同様の事を報じています。

1-3月期のAppleの液晶ディスプレイパネルの注文は、当初の予定注文のほぼ半分程度に落ち込んでおり、ディスプレイ以外の部品の注文も削減されているとのこと。

なお、注文削減の通知は2012年12月に行われており、その理由は需要が当初の予想を下回っている為で、他社のスマートフォンとの競争激化に直面しているものとみられています。

【関連エントリ】
 ・「iPhone 5」の販売が減速か?! 部品を供給している日本のメーカーは今月より減産開始

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。