「SoundJam MP」から「iTunes 11」まで。「iTunes」の12年間(スクリーンショット集)

先日、現地時間の1月9日で「iTunes」が初めてリリースされてから丸12年を迎えた事をお伝えしましたが、ars technicaが、「iTunes」の前身である「SoundJam MP」から現行の「iTunes 11」までの各バージョンのスクリーンショットを主要な新機能(新サービス)を添えて公開しています。

(image source:ars technica)


一番最初の「SoundJam MP」だけ少し紹介させて頂きますが、「SoundJam MP」はCasady & Greeneによって販売されていたMP3アプリケーションで、その後、Appleが同ソフトの権利を購入し、CD書込機能の追加やインタフェースの改良を行い「iTunes 1.0」としてリリースした経緯があります。

(image source:ars technica)


なお、ars technicaには「iTunes 1.0」以降のスクリーンショットと簡単な説明が記載されているので是非どうぞ。

 ・ars technica

【関連エントリ】
 ・「iTunes」の登場から12年

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。