Appleのエディー・キュー氏がフェラーリの取締役に就任

MacRumorsによると、Appleのインターネット・ソフトウェア&サービス担当上級副社長であるエディー・キュー氏が、イタリアの高級自動車メーカー『フェラーリ』の取締役に就任した事が分かったそうです。

キュー氏は8歳の頃からフェラーリを所有する事を夢見ていたそうで、5年前よりフェラーリを所有しているとのこと。