A6チップはGPUに3コアの「PowerVR SGX 543MP3」を搭載

本日、AnandTechが、UBM TechInsightsにより公開された「iPhone 5」のA6 SoCのチップ写真によると、A6チップのGPUはトリプルコアの「PowerVR SGX 543MP3」(266MHz) が搭載されているようだと報告しています。

チップ写真が下記画像ですが、2つの32bit LPDDR2 メモリチャンネルと3つのGPUコアが写っているそうです。


また、A6 SoCのメーカーはSamsungと推測され、チップサイズは95.04㎟になるようです。

ちなみに「iPhone 4S」のA5チップにはデュアルコアの「SGX 543MP2」が、「iPad (第3世代)」のA5Xチップにはクアッドコアの「SGX 543MP4」が採用されています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事