中国での次期iPhoneの発売に黄信号?? 中国の偽iPhoneメーカーが次期iPhone風デザインの特許を取得か!?

先日、中国の会社が早くも次期iPhoneと言われるデザインを真似た偽iPhoneの「GooPhone i5」を発売する予定である事をお伝えしましたが、gizchina.comによると、その「GooPhone i5」を販売するGoophoneが中国国内でこの次期iPhone風のデザイン特許を取得したと主張しているそうです。

(GooPhone i5)

「GooPhone i5」は噂されている次期iPhoneのデザインやスペックを再現したAndroid 4.0搭載端末で、4インチ (1280×720ピクセル) のディスプレイやクアッドコアCPU、1GBのメモリ、800万画素カメラなどが特徴となっており、次期iPhoneの発売より少し遅い今年後半に発売される予定となっています。

この主張や次期iPhoneと言われているデザインが本当なのであれば、中国での次期iPhoneの発売に何らかの影響がある可能性もゼロではないのかもしれませんが、一番影響を受けるのは同じ中国の次期iPhone発売待ちのユーザーのような気もしますが…。

【関連エントリ】
 ・偽iPhoneの製造現場を撮影したビデオ
 ・次期iPhoneのデザインを真似た「偽iPhone」が早くも登場へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。