韓国のSK TelecomとKT、次期iPhoneで自社のLTEの周波数をサポートしてもらう為にAppleと交渉中か?!

The Korea Timesによると、韓国でiPhoneを提供しているSK TelecomとKTの2社が、次期iPhoneで自社のLTEサービスの周波数をサポートしてもらう為にAppleと交渉中である事が明らかになったそうです。

LTEの周波数は各キャリアによってバラバラなのですが、KTは1.8GHz帯を、SK Telecomは主に800MHz帯を利用しており、アメリカのAT&Tは700MHz帯と2.1GHz帯を、Verizonは700MHz帯を使用しているのが現状となっています。

なお、韓国の各キャリアのLTEサービスの加入者数は、SK Telecomが400万人以上、KTが約140万人、LG Uplusが300万人以上となっており、2,012年第3四半期には1,000万人を突破し、今年末までに1,600万人に達すると予想されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。