Apple、「Siri」と「Spotlight」の検索エンジンをMicrosoft BingからGoogleに変更

TechCrunchによると、Appleが、「macOS」のSpotlightと「iOS」のSiriでウェブ検索を行う際の検索エンジンをMicrosoftの「Bing」からGoogleに変更した事が分かりました。

「Bing」は2013年からSiriのウェブ検索で採用されてきましたが、本日より順次Googleに変更されており、本日中には全てのユーザーで変更が実施されるとのこと。

なお、同社のウェブブラウザ「Safari」ではデフォルトの検索エンジンにGoogleが採用されていますが、Appleは今回の変更について、「Safari」の検索結果と一貫性を持たせる為であることを明らかにしています。

5 COMMENTS

匿名

MSファンとしては悲しいけどしょうがないね

匿名

GoogleはAppleに検索エンジンを採用してもらう為に年間30億ドル(約3,300億円)も払ってるもんな

匿名

bingはエロ画像がこのままそこそこヒットすれば生きている価値はある。

匿名

>「Safari」の検索結果と一貫性を持たせる為

DuckDuckGo使ってるんですが

現在コメントは受け付けておりません。