「iOS 11」では18万本以上のアプリが動作しなくなる見通し

「iOS 11」では32bitアプリのサポートが終了となることから、32bitアプリは起動することが出来なくなりますが、Sensor Towersの調査によると、この32bitアプリのサポート終了により影響を受けるアプリの数は187,000本になることが分かりました。


影響を受けるアプリが一番多いカテゴリはゲーム部門で、約38,000本のアプリが動かなくなるとみられており、次いで、教育、エンターテイメント、ライフスタイルといったカテゴリのアプリが影響を受けるそうです。

現在、App Storeで提供されているアプリの総数は240万本とみられていますが、そのうちの約7.8%である187,000本が32bitアプリで、「iOS 11」の正式リリースとともに影響を受けるだろうとのこと。
(実際には「iOS 11」の正式リリースまでに対応するアプリも一部あると思うので、もう少し数は減るかもしれないですが)

なお、「iOS 11」の正式リリース後も32bitアプリはすぐにApp Storeから削除されず、旧バージョンのiOSを使用しているユーザー向けに提供が継続されるものとみられていますが、最終的にはAppleはApp Storeから全ての32bitアプリを削除するものと予想されています。

また、「iOS 10.3」以降では32bitアプリを起動した際に警告が表示されるようになっている他、「設定>一般>情報>App」からも32bitアプリの一覧が閲覧出来るようになっているので、気になる方は一度チェックされてみては如何でしょうか。


[via Business Insider

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で