「HomePod」のファームウェアから「iPhone 8」の更なるヒントが見つかる ー 分割ステータスバーや「Tap to Wake」機能など

昨日より「HomePod」のファームウェアから「iPhone 8」に関する情報の流出が相次いでいますが、今度はスプリット(分割)ステータスバーやディスプレイへのTouch ID非搭載などが明らかになりました。


まず、「iPhone 8」ではTouch IDがディスプレイに内蔵されるのではないかと噂されてきましたが、そのような機能に関するコードはなく、Touch IDはディスプレイには内蔵されないとみられています。

これまでに分かっている情報では、顔認識システム「Face ID」に関するコードが見つかっており、Appleは「iPhone 8」でTouch IDからFace IDに切り替える予定なのかもしれません。

次に、「iPhone 8」はベゼルレスで前面のほぼ全面がディスプレイになるとみられていますが、新たにステータスバーに関連するコード内に新たに「スプリット(分割)」オプションに関する記述が見つかっており、画面上部のカメラやセンサーを挟み込むようにステータスバーが左右分割され表示されることを示唆しています。
(下記画像参照)


更に、「Tap to Wake」という機能に関する記述も見つかっており、「iPhone 8」ではホームボタンがなくなると言われていますが、同機能ではホームボタンの代わりに本体をダブルタップすることで画面を点灯させる事が出来るようになるものとみられています。

また、バーチャルホームボタンは「ホームインジケーター」と呼ばれるようで、特定の場面で自動的に非表示になったりするようです。



[via MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で