「ミニスーパーファミコン」の次は「ミニ NINTENDO64」が登場か

任天堂は昨年に「ミニ ファミコン」こと「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」を発売し、今年10月には「ミニ スーパーファミコン」こと「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」を発売する予定ですが、その次は「ミニ NINTENDO64」が発売されるかもしれない事が分かりました。


NeoGAFのフォーラムに投稿された情報によると、任天堂が現地時間7月18日に欧州連合知的財産庁に対し、ファミコン、スーパーファミコン、Nintendo Switch、NINTENDO64のコントローラーに関する4つの商標登録の出願を行っていた事が明らかになり、4つとも「通信機械および装置」と「コンシューマービデオゲーム機」のカテゴリに提出されています。


この出願が何を意図しているのかは不明ですが、任天堂は「ミニ スーパーファミコン」の発売前に日本でスーパーファミコンのコントローラーの商標登録(意匠登録)を出願していた事から、「ミニ NINTENDO64」が登場するのではないかと海外で話題になっています。

「ミニ NINTENDO64」となると収録ソフトは、スーパーマリオ64、マリオカート64、ゼルダの伝説 時のオカリナ、ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ、マリオパーティ、どうぶつの森、スターフォックス64、ウェーブレース64などでしょうか。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で