「iPhone 8」の量産、11〜12月まで遅れる??

Economic Daily Newsが、有機ELディスプレイを搭載した次期iPhoneこと「iPhone 8」の生産は11〜12月に遅れ、当初は少量での出荷になるようだと報じています。


「iPhone 8」の生産はFoxconnが約95%、Pegatronが一部を請け負うと言われていますが、両社の生産歩留まり率はまだ量産を保証する水準に達していないと言われており、「iPhone 7s/7s Plus」とされる4.7インチと5.5インチモデルの量産も今年は例年より1〜2ヶ月遅い8月より開始されると言われているそうです。

「iPhone 8」の量産は先月よりスタートしたとの情報がありましたが、なかなか思うように生産出来ていないのでしょうか。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で