Apple、「Apple Watch (第1世代)」の背面カバーが外れる問題の無償修理対応期間を延長

MacRumorsなどによると、「Apple Watch (第1世代)」の背面のカバーが外れる問題について、Appleではこれまで購入日から2年間は無償で修理対応を行ってきたものの、無償修理対応の受付期間を購入から3年に延長している事が分かりました。


同問題は昨年から一部ユーザーで報告されているもので、上記画像の通り、背面の充電時に接触する黒いカバーの部分がごっそりと外れてしまうというもの。

Appleではこの問題を報告するユーザーに対し、購入日から2年間は無償で修理を行うことで対応してきましたが、この無償修理対応の受付期間が購入日から3年間に拡大されたようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で