【UPDATE】32TBにも及ぶ「Windows 10」のソースコードなどがウェブに流出

The Registerによると、32TBにも及ぶMicrosoftの「Windows 10」に関するソースコードがウェブ上に流出している事が分かりました。


流出したのは合計で32TBという巨大なファイルサイズになる公式及び非公式のインストールイメージやソフトウェアの設計書が含まれたShared Source Kitで、今年の3月頃にMicrosoftの社内サーバから流出したものとみられています。

流出したShared Source Kitの内容を見た人物によると、Windows 10のハードウェアドライバ、PnPコード、USBとWi-Fiスタック、ストレージドライバ、ARM用のOneCoreカーネルコードなどが含まれている他、Windows 10およびWindows Server 2016の内部ビルドや未公開の64ビットARM版、様々なポータブルデバイスやモバイルデバイスでOSを稼働させる為の機密のソフトウェアツールセットである「MicrosoftのWindows 10 Mobile Adaptation Kit」なども含まれているとのこと。

流出したソースコードはBetaArchiveにアップロードされていたものの、現在は削除および削除中のようですが、悪用されないかが心配なところです。

なお、「Windows」のソースコード流出と言えば2004年に「Windows 2000」のソースコードが流出し話題になりましたが、今回の流出はその時よりも大きな流出だと言われています。


【UPDATE】
Neowinによると、BetaArchiveはの記事公開まで「Shared Source Kit」と名前のフォルダが存在していたものの、現在は削除済みである事を明らかにしたそうで、現在、そのファイルの内容の検証を行っており、同社の規則の下で認めれるまでそのファイルを復元する予定はないとのこと。

また、MSPUによると、今回流出したソースキットは認定された顧客、企業、政府、およびパートナーがデバッグなどの目的で利用できるものと言われているようで、これが本当であればそこまで大きな問題ではないのかもしれないと報じています。


【UPDATE2】
The Vergeによると、Microsoftが「Windows 10」のソースコードの一部が流出した事を公式に認めたそうです。

Microsoftの広報によると、流出したファイルはShared Source Initiativeのソースコードの一部で、OEMおよびパートナーによって使用されているそうで、The Vergeもソースコード自体は既にパートナーや企業、政府などの顧客が利用可能なものである事から、今回の流出は2004年の「Windows 2000」の時ほど大きな問題ではないと認識しているようです。

また、Beta ArchiveのAndrew Whyman氏は、問題のファイルをMicrosoftからの要請ではなく自分たちの判断で削除した事を明らかにした他、「Shared Source Kit」のファイルサイズは実際には1.2GB(100MB×12)で、32TBという数字については、3月24日にリリースされ、Insider ProgramやConnectのメンバーから提供された「Windows 10」の各種ベータビルドが含まれている模様。

更に、BBCによると、現地時間6月22日、今年1月から3月にかけてMicrosoftの社内ネットワークに不正に繰り返し侵入しようとした疑いで2人の男が逮捕されたそうで、この2人は「Windows 10」の内部ビルドの収集に関与しており、少なくとも1人はBeta Archiveへの投稿者であるとみられています。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で