新型登場の前触れか ー 「WWDC 2017」を前に「MacBook Pro 15インチ」の出荷に遅れが発生中

来週に開催される「WWDC 2017」では新型「MacBook Pro」などが発表されるとの噂があるのですが、その「WWDC 2017」を前に「MacBook Pro 15インチ」の出荷に遅延が発生していることが分かりました。

MacRumorsによると、欧米や日本を含む世界各国のAppleのオンラインストアで「MacBook Pro 15インチ(Late 2016)」の出荷が遅れており、現在のところ同モデルのお届け予定日は「WWDC 2017」の基調講演が行われる6月6日以降と案内されていることから、「WWDC 2017」で本当に新型「MacBook Pro」が発表されるのではないかとみられています。

なお、13インチモデルについては現在のところ出荷に遅れはありませんが、13インチと15インチの両モデルがIntelの第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」搭載にアップグレードされる可能性があります。

 ・MacBook Pro – Apple

5 COMMENTS

匿名

MacProを3年放置して来年新しくするってコメントで見切りつけちゃって仕事環境Windowsに移行しちゃったからなぁ。
OSの操作性はいいから半年早かったらMacで続けたけれど、移ってみるとCUDA使えるのは結構大きいからしばらくは戻れないな。

匿名

こんだけ早く置き換えるのはやっぱり設計に反省点が多かったのかねえ
欲しいけど不具合の話題が多くて躊躇してたから出て欲しいわあ

匿名

単純に出すのが遅すぎてKabyLakeが出る直前で、まともに店に出回った時点で1世代遅れ、さらにメモリの搭載量も低くて競争力を失っていたからだろう。

匿名

CPUアップグレードするだけだろうから、WWDC後にひっそりと販売されるだけでは?

匿名

今更Appleが必死で新型を出したとしても、iPhone以外のソリューションは市場競争力を大きく失っているが

現在コメントは受け付けておりません。