Apple、「iOS 11」で32bitアプリのサポートを完全に終了か

「iOS 10」以降、32bitアプリを起動すると警告が表示されるようになっている事から、次期「iOS」こと「iOS 11」では32bitアプリのサポートを終了するとみられていますが、著名な開発者のSteven Troughton-Smith氏が、「iOS 11」は32bitアプリを完全にサポートしなくなるだろうと報告しています。

また同氏は、今後の「A」シリーズプロセッサは32bitをサポートしないようだとも報告しており、9月を過ぎても生き残りたい場合は従来のアプリを更新するよう忠告しています。

32bitアプリに対する警告は、「iOS 10.0」の時は「iPhoneの動作が遅くなる場合があります」だけでしたが、「iOS 10.3」では「このAppは将来のiOSのバージョンでは動かない可能性があります。Appの開発元は互換性の向上のためにこのAppをアップデートする必要があります」と、より強い内容の警告となっています。

また、最新の「iOS 10.3.2」のベータ版では、32bitのプロセッサを搭載している「iPhone 5/5c」と「iPad (第4世代)」向けの復元ファイルが用意されていないなど、今秋にリリースされるであろう「iOS 11」で32bitデバイス及びアプリのサポートを終了する可能性が高そうです。

[via 9To5Mac

10 COMMENTS

匿名

32bitアプリメチャクチャにあるけど。
ゲームとか。
なめてんの?

匿名

お前がAppleの互換を舐めすぎだわ
そんな対応もできないジャンクアプリは死ねって言ってるよ。

匿名

移行期間にかなりの時間を与えてますよ。
プラットフォーム側が猶予ある対応しているにもかかわらず、デペロッバーが対応しないのであれば、それは仕方ない事です。

匿名

舐めてんのは全くアップデートしないで放置するゴミクソ開発者側だわボケ

匿名

まあじきにAndroidでもバッサリだろうけどね。

匿名

泥はOSバージョンの普及すら何年も要するんだから、何年も遅れての対応になるだろう

匿名

SONYのクロックラジオ付ドックスピーカも死ぬんですね…
未だにアプリデザインがiOS6以前だし、アップデートしないだろうなぁ。

匿名

煽りにしたってセンスが全くないですね笑
中学生でももっとマトモな発言しますよ笑

現在コメントは受け付けておりません。