Apple、「iOS 11」で32bitアプリのサポートを完全に終了か

「iOS 10」以降、32bitアプリを起動すると警告が表示されるようになっている事から、次期「iOS」こと「iOS 11」では32bitアプリのサポートを終了するとみられていますが、著名な開発者のSteven Troughton-Smith氏が、「iOS 11」は32bitアプリを完全にサポートしなくなるだろうと報告しています。


また同氏は、今後の「A」シリーズプロセッサは32bitをサポートしないようだとも報告しており、9月を過ぎても生き残りたい場合は従来のアプリを更新するよう忠告しています。

32bitアプリに対する警告は、「iOS 10.0」の時は「iPhoneの動作が遅くなる場合があります」だけでしたが、「iOS 10.3」では「このAppは将来のiOSのバージョンでは動かない可能性があります。Appの開発元は互換性の向上のためにこのAppをアップデートする必要があります」と、より強い内容の警告となっています。

また、最新の「iOS 10.3.2」のベータ版では、32bitのプロセッサを搭載している「iPhone 5/5c」と「iPad (第4世代)」向けの復元ファイルが用意されていないなど、今秋にリリースされるであろう「iOS 11」で32bitデバイス及びアプリのサポートを終了する可能性が高そうです。


[via 9To5Mac

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事