次期「iPhone」向けの「A11」プロセッサは来月より量産開始か

VMware Fusion 8.5

Appleは例年通り今年9月頃に次期「iPhone」シリーズを投入するものと予想されますが、その次期「iPhone」シリーズへの搭載が予想される「A11」プロセッサの量産は来月より開始されるようです。


これは台湾の经济日报が報じたもので、「A11」プロセッサの量産は来月より開始され、同プロセッサの在庫数量は7月までで5,000万個に達する見込みとのこと。

「A11」プロセッサの詳細はまだ明らかになっていませんが、10nmプロセスを採用し、パフォーマンスや省エネ性能の向上が行われるものと予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で