2017年発売の次期「MacBook Pro」はIGZO液晶を採用か

VMware Fusion 8.5

本日、DigiTimesが、AppleのノートPC向け液晶パネルの調達に関する情報を公開しており、2017年に発売される次期「MacBook Pro」にはIGZO液晶が採用される可能性が出てきました。

th_mbp-2016-spgry-family-onwhite_pr_00-0008-227_v1_mr_s-print
Appleは2017年第1四半期末まで「MacBook Pro」用のアモルファス・シリコンTFTを使った液晶パネルを調達し、その後、IGZO TFTを使った液晶パネルに移行する可能性があるとのこと。

Samsung Displayに加え、シャープも2017年中頃にIGZO TFT液晶パネルをAppleに供給し始め、2017年の「MacBook Pro」用液晶パネルの調達数は970万枚と、2016年の880万枚から増加するとみられています。

なお、IGZOとは、インジウム、ガリウム、亜鉛から構成される酸化物半導体のことで、IGZO液晶とはIGZOを薄膜トランジスタ(TFT)に使用した液晶パネルとなっており、従来のアモルファスシリコンを使用した液晶に比べ、明るく、消費電力が低くなり、さらなる高精細化が可能です。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で