「macOS Sierra」のコード内に「A10 Fusion」プロセッサに関する記述が見つかる ー ARMベースの「Mac」登場の噂が再燃

過去にAppleが「Mac」のプロセッサをIntelからARMに移行するといった噂が何度か出ては消えていますが、「macOS Sierra」のカーネルソースコードにARMプロセッサに関する記述が見つかった事が分かりました。

a10chip

これはオランダのTechTastic.nlが見つけたもので、コード内には「ARM Hurricane」のCPUファミリーに関する記述が見つかっており、ARMが公開している資料などに「Hurricane(ハリケーン)」に関する情報はなく、「Hurricane」とは「iPhone 7」シリーズに搭載されている「A10 Fusion」プロセッサのコードネームとなっています。

ss-2016-10-02-10-41-28

参考までに、Appleは「A7」プロセッサ以降、Appleは「A」シリーズプロセッサにコードネームを付けており、「A7」は「Cyclone(サイクロン)」、「A8」は「Typhoon(台風)」、「A9」は「Twister(ツイスター)」、「A10 Fusion」は「Hurricane」と、全て台風や竜巻の各地域での名称となっています。

先日には「A10 Fusion」のベンチマークスコアが「MacBook Air」を超えたと話題になりましたが、「MacBook」シリーズでは「A」シリーズプロセッサを採用することで、消費電力の削減によるバッテリー駆動時間の向上が期待出来るものとみられています。

Appleが本当に将来のMacに「A」シリーズプロセッサを採用するのかはまだ分かりませんが、ここ数年、Macの新製品の投入時期はIntelのCPUロードマップに左右される面が大きくなっており、「A」シリーズプロセッサを採用することで年に一回は確実にMacをアップデートする事ができるようになるとみられています。


【追記】
その後、コメントを頂き知りましたが、上記の記述がある「machine.h」はmacOSとiOSの共通ヘッダであり、iOS版の方にもIntel製プロセッサや昔のPowerPCに関する記述が見つかっています。

その事から、上記の記述が見つかったからといって、必ずしもMacがARMベースに移行する訳ではありません。


[via iDownload Blog, Thanks! 匿名さん]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で