次期「MacBook Pro」は10月後半に発売か − 「macOS 10.12.1」も同時期に正式リリースへ

先日、次期「MacBook Pro」と次期「MacBook Air 13インチ」は既に生産中で、まもなく発表されそうだとお伝えしましたが、MacRumorsによると、次期「MacBook Pro」は10月後半に発売される可能性が高そうです。

th_27292118240_c4897c6c02_b
Appleは次期「MacBook Pro」に搭載される新機能をサポートした「macOS 10.12.1」の開発を進めており、来週早々にも開発者とテスターに対し「macOS 10.12.1」の新しいベータ版がリリースされる予定とのこと。

このスケジュールは変更される可能性があるものの、スケジュール通りであれば、Appleは10月後半に次期「MacBook Pro」を発売する予定で動いているものとみられています。

また、次期「MacBook Pro」の発売に間に合わせる為に、「macOS 10.12.1」ではより重要なもの以外のバグ修正は優先度が低くなっており、重要ではない修正は11月下旬頃にリリースされると予想されている「macOS 10.12.2」で対応されるようです。

なお、次期「MacBook Pro」と共に次期「MacBook Air」も発表されるのかはまだ分かっておらず、発表イベントが開催されるのか、もしくはウェブサイトの更新だけでひっそりと発表されるのかも不明とのこと。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で