総務省、MVNO各社への通信回線の貸出料の引き下げへ

読売新聞によると、総務省が、携帯大手3社が格安スマートフォンの事業者(MVNO)に提供している通信回線の貸出料を引き下げる方針を固めた事が分かりました。

simcards-gsm-association-1
貸出料が下がることにより格安スマホ事業者の負担が減り、経営基盤が強化でき、通信料金が安くなる見込みで、更に、大手から格安スマホへの乗り換えを促して競争を活性化させ、大手も含めた通信料全体を押し下げる狙いがあるそうです。

また、SIMロック解除までの期間を短縮する施策も検討されているとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で