「iPhone 7」シリーズ、発売当初は品薄状態が続く見込みか

Nikkei Asian Reviewが、問題に精通した業界筋の話として、9月に発売されるものとみられている「iPhone 7」シリーズは一部のサプライヤーの低い歩留まりが影響し、発売当初は供給量に限りがあり、品薄になる可能性があると報じています。

iPhone-7-Plus-Pro
一部のサプライヤーはまだ低い歩留まりを修正している段階で、主に防水スピーカーとデュアルレンズカメラモジュールが供給不足の要因になるとみられています。

これにより、「iPhone 7」シリーズの2016年下半期の生産台数は7,400万台になる予想で、前年同期の「iPhone 6s」シリーズの8,400万台からは約1,000万台減少するものとみられています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で