「iOS 10」のRaise to Wake機能を利用出来るのは「iPhone 6s/6s Plus」と「iPhone SE」だけ

「iOS 10」からは「iPhone」を持ち上げると画面が自動的に表示される「Raise to Wake」機能が搭載されますが、同機能を利用出来るiOS端末はかなり限定されている事が分かりました。

ios10logo

「Raise to Wake」機能を利用可能なのは、現在のところ「iPhone 6s/6s Plus」と「iPhone SE」のみとなっているようです。

Appleは「WWDC 2016」の基調講演で、同機能を第2世代Touch IDを搭載した「iPhone 6s/6s Plus」では、指紋認証が高速化されたことによりロック画面の通知を見る間もなくロックが解除されてしまう事に対処する為に設計したと述べていたようですが、「iPhone SE」のTouch IDは第1世代であり、なぜ「iPhone SE」だけ利用可能なのかは不明です。

[via iPhone Hacks, iMore

10 COMMENTS

匿名

A9+M9の恩恵による省電力での待機が可能になったことが関係しているのではないでしょうか?Hey Siriを充電時以外も利用できるのはA9のみですから、常に入力を待機するという意味では同じのような気がします。

匿名

自分もこれが理由だと思った。それならSEが含まれるのも納得いくし。

匿名

今後も6/6plusはハブられる機能が多そうだな…

4インチからの乗り換えで勝ち組なのは6s/6splus/seということか
sありsなしでここまで差が出るとは…

匿名

勝ち組負け組なんてのは気にする必要ないけど、一番快適に2年おきに乗り換えていくなら3GS→4S→5s→6sだと思う。
それに6/6plusの人だってiOS10正式リリースの頃には7に買い換えるんでしょ?

匿名

本当は来年のiphoneでのホームボタン廃止の前準備だからね

匿名

まあハード的に無理だよね。
ただ、ホームボタンを押さなくていい機能かと思ってたからそうじゃないと知ってどうでもよくなった。
関節炎だから割と期待したんだが。
物理ボタン廃止までスルーだわ。

匿名

それ反論なの?
仕事でも使うから無理だわ。
腕はそれ以外でも使うしなw
まあ本当にいつまで硬いボタンカチカチさせられるんだか。

匿名

ホームボタン押す程度で関節炎って貧弱。老後は大丈夫?

現在コメントは受け付けておりません。