Apple、第2四半期も「iPhone」の3割減産を継続 ー 販売不振が要因

本日、日本経済新聞が、国内外の部品メーカーの話として、「iPhone」の減産が長引いており、Appleは2016年1〜3月期に続き、4〜6月期も前年同期比3割程度の減産を継続するようだと報じています。

th_iPhone6s-4Color-RedFish-PR-PRINT
これは「iPhone 6s/6s Plus]の販売が低調なためで、高性能部品を供給する国内メーカーの工場は稼働率が低下しており、収益圧迫につながるのは避けられない状況とのこと。

Appleは今年1〜3月期にも前年同期比3割程度の減産を実施し、在庫調整を進めてきたようですが、販売台数が想定通りに伸びていないため、減産期間を延長する方針を部品メーカーに伝えた模様。

また、先月に発売された「iPhone SE」は、「iPhone 6s/6s Plus」の販売低迷を補うほどの生産台数は計画されていないそうです。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で