「Apple Pay」の国内でのサービス開始時期は早ければ2016年9〜10月か

Appleのモバイル決済サービス「Apple Pay」は早ければ年内に国内でも利用可能になるとみられていますが、本日、Engadgetが、「Apple Pay」の国内ローンチに関する現在の情報をまとめており、関係各所の話をまとめると、現在の国内ローンチのタイミングは「秋」が有力だと報じています。

applepay_top

具体的には、9月に正式発表され、10月以降に正式スタートといった順序になるのが有力ではないかとみられているものの、あくまで確定した情報ではなく、同サービスには様々な関係各社が関わっている事から今年のさらに遅い時期、あるいは来年2017年以降にずれ込む可能性もあるとのこと。

なお、Engadgetには「Apple Pay」受け入れに向けた国内各所の動きなども掲載されているので、是非ご覧下さい。

 ・Engadget Japanese

5 COMMENTS

匿名

リリースすることがゴールではなく、出遅れた日本での電子マネーのシェア争いに勝利するのか考えて欲しい。AppleTVみたいなローカライズを放棄したサービスなんて要らないから。

匿名

電子マネーとして利用可能な端末が千万台単位で市場に出てるのに使わないのは、小売やクレジット各社にとってはチャンスを逃すことになる。

匿名

ダフ屋転倍屋をホイホイするために電子イベントチケットの仕組み作りもして欲しい。住所氏名登録して本人確認なんて気持ち悪いし結局ザル

匿名

東芝テックとかNECあたりの社員に聞いたら教えてくれそう

現在コメントは受け付けておりません。