「Facebook」のiOS向け公式アプリを利用するとバッテリー駆動時間が短くなるという問題が再燃か

The GuardianのSamuel Gibbs氏が、「Facebook」のiOS向け公式アプリをアンインストールし、「Safari」から「Facebook」にアクセスするだけでバッテリー駆動時間が平均で約15%改善する事が分かったと報告しています。

facebooknewlogo
同アプリがバッテリー駆動時間に影響するといった問題は去年にも話題になり、その時はアップデートで問題が修正されましたが、今回問題を報告しているSamuel Gibbs氏は、自身の「iPhone 6s Plus」でインストールした状態とアンインストールした状態でそれぞれ1週間利用し、毎日同じ時間にバッテリー残量を測定した結果、平均で約15%もバッテリー駆動時間が改善されたと報告しています。

また、「Facebook」の公式アプリ自体のファイルサイズは約100MBにも関わらず、使用していくうちにキャッシュが蓄積され、ファイルサイズが500MBに達し、ストレージ容量を圧迫している事も指摘しています。

このバッテリー駆動時間の件については、他の複数のユーザーでテストしたところ同様の結果となったそうで、使用頻度や個々の環境の違いによりある程度の差はあると思いますが、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

なお、Facebookの広報担当者によると、同社は上記の問題を調査中とのこと。


[via MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で