「iPhone 6s/6s Plus」の「A9」プロセッサ − 各種性能はTSMC製が上か

本日、「iPhone 6s/6s Plus」の「A9」プロセッサはTSMC製の方が省エネ性能に優れているのかもしれないとお伝えしましたが、その後、「A9」プロセッサの製造メーカーの違いによる性能差を調査した新たなレポートが公開されました。

a9chip
今回のテストは、100%に充電し、同じ設定にした「iPhone 6s」で「AnTuTu Benchmark」を12回実行した結果を比較したもので、12回の各スコアが下記の通りで、2回目だけ少しおかしな数値が出ていますが、その数値を加味してもTSMC製の方が少し上回る結果となりました。

 TSMC製Samsung製
66,90566,566
59,35566,433
67,10666,213
66,43566,339
67,01266,136
67,08065,726
66,97366,213
67,08966,116
66,94866,087
1066,99265,945
1167,14665,837
1266,57565,695
平均値66,30166,109

また、ベンチマーク測定時の本体の温度についても測定しており(測定機器が体温計だが…)、Samsung製の方がTSMC製に比べ3〜4度ほど高い結果となりました。

更に、12回のベンチマークテスト終了後のバッテリー残量は、TSCM製が77%、Samsung製が71%と、前回のテストと同じくTSMC製の方が省エネ性能に優れている事が分かります。

【追記】
コメントを頂いている通り、ベンチマークスコアについては差は僅かで、逆の結果になったという報告例もあり、個体差による違いである可能性もある為、あくまで参考データとして考えた方が良さそうですが、バッテリーの消費については別のテストでも似たような結果が出ている事から、TSMC製の方が省エネ性能に優れている可能性が高そうです。

なお、前回のテスト結果と、自身の「iPhone 6s/6s Plus」に搭載されている「A9」プロセッサがSamsung製かTSMC製かを調べるには下記のエントリを参照して下さい。


[via cnBeta

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で