「iPhone 6s/6s Plus」の「A9」チップ、TSMC製の方が省エネ性能が優れている?!

「iPhone 6s/6s Plus」に搭載されている「A9」プロセッサは、14nmプロセスを採用したSamsung製と16nmプロセスを採用したTSMC製が存在しているのが確認されているものの、その性能差は不明でしたが、本日、Samsung製とTSMC製の「A9」プロセッサの性能比較テストを行った結果が公開されました。

20153009_A9Chip
テストといっても、Samsung製「A9」プロセッサとTSMC製「A9」プロセッサを搭載した「iPhone 6s」を用意し、同じ設定にしてテストを行い、バッテリー残量から消費電力の差を調査するといったものとなっています。

最初のテストは「Safri」でJavaScriptアニメーションを約1時間ほど動かし続けるというテストで、結果はSamsung製のバッテリー残量は59%、TSMC製は74%と、TSMC製「A9」プロセッサを搭載したモデルの方が消費電力が低い事が分かりました。

また、機器を使って正確に測定された訳ではないものの、テスト終了時にはTSMC製「A9」プロセッサ搭載モデルよりも、Samsung製「A9」プロセッサ搭載モデルの方が少し暖かくなっていたようです。

テストスタート時(両モデルとも100%:左がSamsung製、右がTSMC製)
533e2ca5bf84f83.jpg_600x600

62分経過後(Samsung製は59%、TSMC製は74%)
68bfc19a4ad323f.jpg_600x600


2つ目のテストは、 nPlayerを使用してローカルエリアネットワーク上の動画を約1時間ストリーミング再生し続けるというもので、こちらの結果はSamsung製が59%から42%(-13%)、TSMC製が73%から59%(-14%)へとバッテリー残量が変化しており、ほぼ同じような結果となっています。

テストスタート時(Samsung製は59%、TSMC製は73%)
92dd5829913a9b7.jpg_600x600

61分経過後(Samsung製は42%、TSMC製は59%)
6b720f3097d3a13.jpg_600x600


今回の結果だけを見ると、使用状況によってはTSMC製の方が省エネ性に優れていると思ってしまいますが、CPUの性能を確認するのにこのテスト方法が正しいのかは不明で、テストした側も他により良い検証方法があれば教えて欲しいと書いています。

なお、自身の「iPhone 6s/6s Plus」に搭載されている「A9」プロセッサがSamsung製かTSMC製かを調べるには下記のエントリを参照して下さい。



[via cnBeta

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事