「iPhone 6s」の感圧タッチ対応ディスプレイの名称は「3Dタッチディスプレイ」に ー 3つの圧力レベルを感知可能

本日、9 to 5 Macが、「iPhone 6s」に精通した情報筋の話として、「iPhone 6s」で搭載されるForce Touch(感圧タッチ)対応ディスプレイは「3Dタッチディスプレイ」と呼ばれるようだと報じています。

forcetouch1
この「3Dタッチディスプレイ」は、「MacBook」や「Apple Watch」に搭載されている技術をより進化させたもので、これまでの「タップ」と「プレス」に加え、「ディーププレス」を加えた3つのレベルの圧力を感知可能とのこと。

この「3Dタッチディスプレイ」の搭載により下記のような動作が出来るようになると言われており、更に「ディーププレス」という記述は「iOS 9」のコード内でも見つかっています。

・マップアプリでは任意の地点を強タップする事で、素早く経路案内を開始する事が可能に
・ミュージックアプリでは、曲を強タップする事で、プレイリストへの追加などが可能に
・ホーム画面のアプリのアイコンを強タップする事で、アプリの特定の機能にアクセス可能に
・Safariではリンクやテキストを強タップする事でリンク先のプレビューや辞書の表示が可能に


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で