Appleの新本社キャンパスの建設現場の内部を撮影した写真が公開される

Appleが2016年の完成に向け工事している新本社キャンパス「Apple Campus 2」はこれまでドローンを使って上空から撮影された映像は多数公開されていますが、本日、米KQED Newsが工事現場の内部を地上から撮影した写真を公開しました。

Apple_Campus_2_rendering
この敷地には以前はヒューレット・パッカード社の本社キャンパスが建っていましたが、その解体工事で出た廃材の多くはApple Campus 2の建設資材にリサイクルされているそうです。

また、これまでは空撮映像ばかりだったので、その大きさが分かり難かったですが、今回公開された写真を見ると、ドーナツ型の新本社社屋の大きさが良く分かります。

なお、その写真はKQED Newsのサイトへどうぞ。

[via MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200