YouTube、デフォルトの動画プレーヤーをFlashからHTML5に移行

本日、YouTubeが、デフォルトの動画プレーヤーをFlashからHTML5に移行した事を発表しました。

YouTube-logo-medium
対応ブラウザは、Chrome、Internet Explorer 11、Safari 8、Firefox(ベータ)で、これらのブラウザではHTML5ベースの動画プレーヤーで再生されるようになりました。

なお、移行した理由としては、HTML5がユーザーのネット環境に合わせて動画品質を調整する技術「Adaptive Bitrate」やビデオコーデック技術の「VP9」をサポートした事をあげています。


[via ITmedia

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200