「iOS 8」のクラッシュ率、「iOS 7」より78%高い事が明らかに

ZDNetによると、モバイルアプリのパフォーマンスマネジメント会社のCrittercism社が調査した結果、「iOS 8」は「iOS 7」に比べ不安定で、クラッシュ率もより高いレベルとなっている事が分かりました。
ios-8-logo 先日リリースされた「iOS 8」のクラッシュ率は最高で3.56%となっており、「iOS 7.1」(2.0%)に比べ78%も高く、中でも「iPhone 5s/5/4S」といった旧型のiOSデバイスでのクラッシュ率が高くなっているとのこと。

9月17日〜9月22日の「iOS 8」のクラッシュ率をまとめたものが下記の表で、「iPhone 6/6 Plus」のクラッシュ率は2%台となっているものの、「iPhone 5s/5/4S」は約3.5%と突出している事が分かります。
2014-09-2218-13-18-620x153 リリースされたばかりの「iOS 8」とメジャーアップデート後に何度かアップデートされた後の「iOS 7.1」とでは完全な比較にはならないのですが、「iOS 8」はバグなどの様々な問題が多数報告されている事も事実で、今後のアップデートで徐々に安定していくものと予想されます。

先日、「iOS 8」で報告されているバグの一覧をお伝えしましたが、その記事のコメント欄にはその後もバグの報告が多数行われているので、是非ご覧下さい。

[via networkworld

関連エントリ
「iOS 8」で報告されているバグの一覧
「iOS 7.1」でのアプリクラッシュ率は「iOS 7.0」や「iOS 6.x」よりも下回っている事が判明

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200