Appleのウェアラブルデバイスは「iOS」ベースで、サードーパーティ製アプリを起動可能

VMware Fusion 8.5

9 to 5 Macが、デバイスに精通した2人の関係筋の話として、Appleのウェアラブルデバイスは「iOS」ベースで、サードパーティ製アプリを起動可能である事が分かったと報じています。
15079965321_86fb651df8_o 「iPhone/iPad」アプリの知名度が高いごく一部のSNS及びサービスデベロッパー(TwitterやFacebookなど?)には、既に厳しい機密保持契約の下でウェアラブルデバイスの為のSDK(ソフトウェア開発キット)のプレリリース版が提供されているとのことで、Appleは9月9日のイベントでサードパーティ製のウェアラブルアプリを披露する事を考えている模様。

なお、Appleのウェアラブルデバイスは2015年初めに発売される予定ですが、発売までの時間は開発者がアプリを開発する十分な時間になるとみられています。

[Photo credit:Martin Hajek

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で