「iOS 8」の最新のベータ版は3倍のUI画像をサポートしていた事が明らかに

現在の「iOS」はRetinaディスプレイでの表示に対応する為、2倍のUI画像(@2x)をサポートしていますが、9 to 5 Macによると、「iOS 8」の最新のベータ版は3倍のUI画像(@3x)をサポートしている事が分かりました。
safaricomparison 開発者のJames Thompson氏が発見したもので、「iOS 8 beta 5」が必ず3倍の画像を読み込む訳ではないものの、ある特定の状況では3倍の画像が優先して読み込まれるようになっているそうで、9 to 5 Mac側もテストした結果、確認出来たそうです。
3baiio 以前に「iPhone 6」のディスプレイ解像度は568×320ピクセルの縦横3倍となる1704×960ピクセルになるといった情報があったものの、その後、「Xcode」のコード内に”1472×828ピクセル”を示す記述が見つかった事から、最近では4.7インチが1472×828ピクセル、5.5インチが1704×960ピクセルになるといった見方が強くなっていました。

ディスプレイ解像度については実際にAppleの発表があるまでは分からないのですが、今回の件が「iPhone 6」を見据えたものだとすると、「iPhone 6」のディスプレイ解像度は1704×960ピクセルになる可能性が高そうです。

関連エントリ
「iPhone 6」のディスプレイ解像度が「828×1472」になるとマップやカレンダーアプリはこんな感じに??
「iPhone 6」のディスプレイ解像度は828×1472ピクセルに?!
「iPhone 6」のディスプレイの解像度は1704×960ピクセルに?!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200