「iOS 8」ではJavaScriptエンジン「Nitro」のサードパーティ製アプリでの使用制限を撤廃へ

「iOS」ではWeb等の実行速度の高速化の為に「iOS 4.3」からJavaScriptエンジン「Nitro」が搭載されたものの、「Nitro」はブラウザではApple純正の「Safari」のみが利用可能で、他のサードパーティ製アプリでは「Nitro」の使用に制限がかけられていたのですが、本日、「iOS 8」ではその制限が撤廃される事が分かりました。
ios-8-logo 「iOS 8」では全てのアプリで「Nitro」の利用が可能になり、Googleの「Chrome」、TwitterやFacebookなどのアプリ内ブラウザでも「Safari」と同等のパフォーマンスが得られるようになるとのこと。

[via 9 to 5 Mac

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200