「iPhone」の製造が世界にどう影響しているかをまとめたインフォグラフィック

「iPhone」の製造及び販売は世界のほぼ全ての地域に影響を与えており、Rand Groupが、その事が良く分かる「iPhone」のサプライチェーンに関する様々なデータをまとめたインフォグラフィックを公開しました。

RandGroup1 まず、一番上は「iPhone」に関連するサプライヤー(部品供給元)の数を表しており、最終的な組み立てを請け負うFoxconnやPegatronの工場が存在する中国が一番多く、二番目は日本、三番目が東南アジアとなっています。
RandGroup2 次に、ピーク時の「iPhone」の生産台数は、1日に50万台、1週間では350万台、1ヶ月では1,400万台となり、「iPhone」1台の組み立てにつき600人の労働者が必要となります。
RandGroup3 次は、Appleによって生み出されている米国内の雇用の数は全体で307,250人で、そのうちの50,250人がApple本体の雇用数となっています。
(この項目のみ、iPhoneだけでなくApple製品全体に関する数値です)
RandGroup4 最後は、世界での「iPhone」の販売台数の四半期ごとの推移や、世界の地域別の販売台数の割合などをグラフ化したものとなっています。
RandGroup5
[via Redmondpie. Photo Credit:Rand Group

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200